LIFE

インナーイヤー型とカナル型。私は断然インナーイヤー派です。

湘南パパ
湘南パパ
こんにちは湘南パパです。ブログに訪れていただいて本当にありがとうございます。

今回は非リモートワークの私が通勤時の相棒にしているイヤホンについてです。

皆さんは通勤時に音楽を聴いたりYOUTUBEを見たりしていますか?

私は湘南から都内に通勤する際にガッツリイヤホン付けています。

ほぼすべての時間と言って良いほど付けてますね。

そんな私がイヤホンの二つのタイプを実際に使用してみて感じたことがちょこっとあったのでお伝えしていきますね。

イヤホンにはカナル型とインナーイヤー型がある

一口にイヤホンといっても色んな形がありますよね。

耳に接触する部分の形状は大きく二つにわかれているんです。

カナル型とは

こんなやつですね。

インナーイヤー型は

インナーイヤー型

こんなやつです。だいたいわかりますよね♪

この二つを最近付け比べる機会がありまして、私が両方付けてみて

湘南パパ
湘南パパ
インナーイヤー型の方が良いなって感じました。

とにかく装着感が軽い。

カナル型は耳にフィットし過ぎてしまって疲れるんです。

そんな二つの形状についてちょっと細かく紹介していきますね!

カナル型イヤホン

カナル型イヤホンとは?

カナル型イヤホンとは簡単に言うと耳栓のような形をしているイヤホンです。

最近のイヤホンではほとんどこのタイプと言っても過言ではないくらいに流行っています。

様々な価格帯のものがあり、私が使用しているTAOTORONICS(タオトロ二クス)のモノは10000円以下で購入することができます。

BOSEなどの有名メーカーともなると30000円ほどするものがあるなど様々なものがあります。

カナル型のメリット・デメリット

カナル型イヤホンのメリットを簡単にまとめると

・音漏れが少ない
・遮音性が高い
・耳にダイレクトに音が響く

逆にデメリットは

・耳が痛くなる
・周りの音が聞こえない

カナル型は遮音性が高く、音漏れが少ない

カナル型は耳栓のように耳に突っ込むので、自然と遮音性が高くなるんです。

さらにインナーイヤー型と比べると突っ込む分安定して外れにくいんです。何となく想像がつくと思います。

ただ、遮音性が高いと周りの音が聞こえづらいので、街中で使用する際には注意が必要です。

私のように通勤時に電車に乗った際などに騒音をシャットアウトできるのは良いのですが、代わりに車などの音が聞こえなくなってしまうので事故等に遭う危険性があります。

あとはインナーイヤー型と比べると圧倒的に音漏れが少ないです。

実際に同じ音量で二つのイヤホンをテーブルに置いて音楽をかけてみると驚くほど音量が違います。

なので電車などで迷惑をかけなくて済むのは圧倒的にカナル型になります。

耳にダイレクトに音が響く

耳の穴に直接イヤホンのアイピースを差し込むので、イヤホンから流れてくる音が直接耳の鼓膜に到達します。

またインナーイヤー型と比べても、音が直接耳に届き、周りの雑音を抑えてくれるので、音の繊細な部分を聞き分けることができるんです。

音楽にガッツリ集中したいという方には向いていると私は感じますね。

耳が痛くなる

カナル型のイヤホンは長時間使用していると耳が痛くなります。

これは使用したことがある方にしかわからないような独特な痛みで私は結構痛くなります。

まぁゴムを耳の穴に詰め込む設計ですので当然と言えば当然となります。

ただ快適に音楽や動画を楽しみたい方にとっては「痛み」が生じるのはちょっと見過ごせないポイントです。

インナーイヤー型イヤホン

インナーイヤー型イヤホンとは?

インナーイヤー型のイヤホンは耳栓のような形をしていない耳にはめるようなイヤホンを指します。

一昔前のイヤホンといえばこちらの形状しかありませんでしたもんね。

先ほどのカナル型と比べても全く形状が異なります。

最近ではカナル型が主流となっているので、商品数が圧倒的に少ないんです。

インナーイヤー型イヤホンのメリット・デメリット

インナーイヤー型イヤホンのメリットを簡単にまとめると

・耳への負担が少ない。痛くならない
・周りの音が聞こえやすい

逆にデメリットは

・周りの騒音が入る
・音漏れが激しい

インナーイヤー型は耳が痛くならない

耳にはめるような付け方をするので、耳の穴に詰め込むような付け方をするカナル型と比べると長時間使用した場合の痛みがまるで違ってくるんです。

耳が痛くなるって結構なストレスですよね。

私はずっとカナル型を使用してきて、最近新たにインナーイヤー型を購入してみて装着したのですが、その違いに衝撃を受けましたね!

本当に耳のストレスがなんですよ。

音漏れや遮音性をあまり気にしないのであれば絶対にオススメできますね♪

周りの音が聞こえやすい

周りの音が聞こえやすいのは、メリットであり、デメリットでもありますよね。

普通に歩いたりする分には周りの音が聞こえるので、車等に気づきやすいため安全です。とにかくカナル型だと耳栓みたいになっているので周りを完全に遮断するイメージになってしまいますから。

一方電車や図書館等の静かにしなければならない場所にはかなり不向きですね。

付け心地がソフトな反面音漏れがかなりあるので、周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。

まぁ適正な範囲内で聞く分にはそこまで影響ないとは思いますが。

なので周りの音が聞こえやすい、遮音性が低いというのがデメリットですね。

私はインナーイヤー型が好き

冒頭でも申し上げましたが、両者を所有している私が選ぶのはインナーイヤー型です。

カナル型にはかなりのメリットがあって使い勝手は良いのですが、あのインナーイヤー型の装着感の軽さに気づいてしまったんですよね。

とにかくストレスが無い。

なんかフリーな感じがするんです。カナル型は若干拘束された感じがします。(私の勝手な主観的な意見です。)

フリーな感じが好きな私は断然インナーイヤー派ですね。

湘南パパ
湘南パパ
電車で使う場合は少し気を使う必要がありますがね。

カナル型&インナーイヤー型 まとめ

以上のように二種類のイヤホンについてお伝えして参りました。

結局は好みの問題になりますかね。家電量販店で付け心地を味わうことができるのであればぜひ両方付けてみると良いのではないかなと感じます。

カナル型

・遮音性が高い
・音漏れが少ない
・音がダイレクトに耳に届く
・耳が痛くなる

インナーイヤー型

・耳が痛くならない
・遮音性が低い
・音漏れが激しい

以上のように一長一短がある両者ですが、より良い選択をして音楽やYOUTUBEを楽しみたいですよね♪

湘南パパ
湘南パパ
最後までお読みいただきありがとうございました!!
アルパカストーブ
【2020年版】アルパカストーブ購入してみて感じたこと 今回は私が現在サーフィンよりもはまりつつあるキャンプついてのお話です。 これから寒くなってくる季節。 お部屋で過ごす分に...

ポチッとして頂けると明日への活力となります!よろしくお願い致します。にほんブログ村 子育てブログへ

RELATED POST